女性の転職 | やすらぎ.com

女性の為の高収入バイトお悩み相談センタ-

MENU

業種紹介

ソープ/ソープランド

東京では吉原なんかが有名ですね。ソープは「本番有り」の店舗型風俗店です。 一応法律上は本番をさせる行為は違法なので、特殊浴場という名目(要は風呂屋)という形で営業し、女性は「背中を流す名目で付き添うコンパニオンで、お客様と恋に落ち行為に及んだ」という暗黙の了解があります。

本番がある前提での料金設定ですので、風俗の種類の中では最も料金が高めに設定されています。ソープの規制は風営法の中でもことさら厳しく、店舗がある地域が限られているのが特徴です。 新たに開業するのが困難なため、運営している店舗は昔ながらの老舗が多いです。

ヘルス/ファッションヘルス

ヘルス=健康ではなく、「本番のないソープ」 のことを指しています。ファッションヘルス・ヘルスマッサージとも呼ばれているようです。

店舗があって、そこに電話をして予約するなり、店舗へ行き女性を指名するなりして、本番なしのイチャイチャを楽しむ場所です。 サービスは「本番なし」です。必ず店員さんから「本番行為は禁止です」旨のアナウンスがあるので、初心者さんでも安心ですね。(?)

基本サービスとしては、フェラチオ・素股・全身リップ・手コキ・口内発射・・・といったところでしょうか。店によってやコスプレなど、特殊な優良オプションを用意しているところもあります。ヘルスはソープに比べて「その店舗で行っている独自のサービス」が多いです。このあたりはウェブサイトに「その店舗のウリ」が良く書かれていますのでチェックしてみましょう。

こちらも現在法規制が厳しく、店舗型ヘルスの新規出店は難しいため、古い老舗が多く残っている印象です。

デリヘル/ホテヘル

デリバリーヘルスの略であるデリヘル。これは上の2つとは少し違って、店舗がありません。

自宅やラブホテル、ビジネスホテルなどに女の子を派遣してもらう風俗業態です。サービス内容はヘルスサービスです。つまり「本番なし」のサービスですね。

現在デリヘルとホテヘルの違いは曖昧になっていますが、ホテヘルはホテルへの派遣専門で受付所(個室のない店舗)があり、デリヘルはどこへでも派遣できて受付所がない、というのが多いみたいです。

普通のヘルスやソープは法律上、深夜以降の営業を風営法で禁止されています。しかし実店舗のないデリバリーヘルスはそのような規制を受けません。遅い時間までやっていたり、中には24時間営業のお店もあります。

また、実店舗を管理・維持する必要がなく、基本的には人件費・広告費で業務が回るため、風俗での独立のハードルが最も低いことも特徴の一つです。ソープ・ヘルスの新規出店が難しいこともあり、ここ数年は多くのデリヘルが乱立していて、市場規模は風俗産業の中でダントツのトップです。

こちらも本番がないため、本番以外の「店舗独自のサービス」が発達しています。

非ヘルス系1:ピンサロ

さて、このあたりから法律的にも区分の難しい業種になってきます … 。 基本的に店舗での性風俗サービスを行うので店舗型ヘルスに近いのですが、内容がもう少しライトになり、価格も安い業種です。

店舗によっては飲食店の届をだしていて、内緒で風俗サービスを行っているところもあります。

まずピンサロ(ピンクサロン)ですが、店舗に行ってその店舗でフェラチオをしてもらって射精する風俗店のことです。 通常ヘルスはベッドのある個室でサービスを行いますが、ピンサロは大きめの部屋に長椅子がいくつかあって、その椅子の上でのプレイになります。 シャワーも浴びず、服を全部脱ぐわけでもないので、料金も安くサクッと利用できますが、衛生面に疑問が残ります。

「個室での性風俗サービス → ヘルス → 新規開業が難しい」ため、キャバクラのような大部屋+ライトな性サービスで営業している業種になります。

非ヘルス系2:オナクラ

オナクラは個室やホテルで「女性に自慰行為を見てもらう」というサービスです。 店舗型ヘルスと比べて、女性からの接触がないため料金が格安です。また、サービスが簡単なため比較的優良な女性が集まりやすいのも特徴です。

非ヘルス系3:イメクラ

SMクラブやセーラー服オンリーなど、特殊志向の性サービスを行う店舗を総称してイメクラと呼んでいます。 店舗型ヘルスの亜種なのですが、そのシステムをデリヘルや既存ヘルスに吸収されていき、業種というよりは「特殊プレイを扱うヘルス・デリヘルのこと」という位置づけです。

非ヘルス系4:メンズエステ

最近流行りだした業種で、エステマッサージに手コキなどのライトな性サービスを付加したもの。 この手の店は濃厚なサービスや強い性的欲求を満たすためのところは少なく、通常のマッサージが与える「癒し」の延長でのサービスなので、一般的な風俗店とは少し毛色が異なることが多いです。


風俗の法律「風営法」

ざっと紹介しただけでもこれだけの種類があって、風俗店とひとくくりにしても本当に奥が深いですね。

ところで、風俗店は「風営法」という法律で定めるところの性風俗関連特殊営業にあたります。

「せい・・・ふーぞくかん・・・?」と頭がこんがらがりそうになりますが、風営法では 【 飲食店・接待飲食店・遊技場・性風俗特殊営業店 】 など複数の業種にわたった法律を定めており、その中でも女性が体を使ってサービスを行う店舗を「性風俗関連特殊営業」と括って個別に取り締まっているという形になります。

よって、【 カラオケ・クラブ 】 も風営法と無関係ではありませんし、性風俗ではありませんが、【 キャバクラ・クラブ・ホスト・スナック 】 などのいわゆる水商売も風営法のお世話になっているわけです。

近年は 【 ガールズバー 】 や 【 セクキャバ 】 などややこしい業種が増えており、純粋な風俗店の新規出店が難しくなった現代では、今後もこの流れは加速していくものと思われます。

※ちなみにセクキャバはおっぱぶなどとも呼ばれ、「ピンサロ」のヌキなしバージョン=風俗店ということになります。

※ガールズバーは女性は接待のみを行い性サービスはありませんので、クラブ・キャバクラなどの水商売にあたります。